冷え性を内側から温める岩盤浴

岩盤浴とは温めた天然石や岩石からできているものの上に寝ころがって汗をかくサウナのようなものになります。

 

40℃程度の岩盤の上で寝転がって、湿度が60%以上の蒸し暑い部屋でおこないます。

 

 

岩盤浴は、遠赤外線の温熱効果を利用して体の内側から温める効果があり、女性の大敵の冷え性の改善効果があります。

 

細胞を活性化させる働きがあるので、デトックス効果も期待することができます。

 

その他の効果は、ダイエット効果・リラックス効果などもあります。

 

 

岩盤浴はただしい入り方をしないと効果があらわれにくいです。

 

岩盤浴に入る前にはお水を飲んでおく必要があります。

 

お水は一気に飲むのではなくて、ゆっくり500mlほど飲みます。

 

これで発汗が良くなりデトックス効果が上がります。

 

 

15分ほど入浴して汗をたくさんかいたら一度外へ出て休憩する必要があります。

 

脱水症状がおきないために水分補給をおこなうためです。

 

これを何回か繰り返し、約60分から90分ぐらい入浴します。

 

 

岩盤浴中は、呼吸も大事でゆっくり呼吸するように意識するとより効果があらわれてきます。

 

入浴後にリンパマッサージなどをおこなうと血流が良くなってより体の内側から温めることができます。